建設業許可 経営事項審査申請 産業廃棄物許可 会社設立 記帳代行 遺言 相続 / 新潟・長岡・上越

会計記帳代行のススメ


100万円の経費削減!!


会計記帳、要は経理を外注することでこれだけの経費削減になるんです。

というのはどういうことでしょうか?


どの業種でもそうですが、経費の中で非常に負担が大きいもの、

それはズバリ人件費です。


人件費のをうまくコントロールすることが企業経営にはとても大切です。



特に開業当初などは、資金に余裕がないのが普通です。

また様々な事に時間が割かれ、経理のことなど考えている時間がない。

という方が大半です。



そこで経理のことは事務員を雇って任せてしまおうと考えるのが普通なのかもしれませんが、
安易に雇用をすると返って損することになるかもしれません。



というのも1人事務員さんを雇うと考えてください。
例えば、月のお給料が15万円だとすると年間180万円(月15万円×12ヶ月)ほどかかります。

開業時に本業に直結しない、事務費用でこれだけのお金を捻出するのはかなりイタイです。


そこで、経理を外注するとどうでしょうか?


実は決算含めても年間約30万円ほどです。(例.月2万円、決算時5万円)

これは当事務所の会計記帳で一番多い、個人事業の方のモデルケースです。

法人であったり、作業量で多少増減しますが、

例えば、ある程度は自分でできるからチェックだけお願いしたいんだという場合などは
費用がもっと下がります。


事務員さんを雇用するのと比べ、会社にもよりますが、150万円くらい差が出るケースもあるということです。


これは、かなりの開きですよね!


開業したばかり、また従業員さんが少ない会社であれば、

事務所は自宅兼、電話も転送で対応したりと、工夫されている方も多いと思います。


無駄な経費をかけないことが会社にとって一番大事です。

だからこそ、会計記帳の代行を検討してみてはいかがでしょうか?


社長さん、自ら現場のことから経理まで全て行うのは、
限りある時間の中で、非常に難しいですし、経理には専門的な知識も必要です。


事務員さんは雇わず、経理は外注し、請求書を書くなどその他の雑務はご自分でというのも
経費削減の観点からみて、間違っていないと私は思います。


従業員さんを雇うまではしたくないが、
経理に時間を割かれたくないという方にオススメです。




小寺行政書士事務所